2年次 選択
前期 土曜日2~5時限(集中授業)

目的:「つくり手」としての建築設計者にとって極めて重要な「ものをつくる喜び」の感性を育むこと。
目標:(1)設計内容(イメージ)と実制作したモノ(実空間)の意匠的・構造的因果関係を理解する。
(2)共同作業の進め方を習得する。
(3)基本的な工具の使用方法を習得する。

※石川 恒夫、三田村 輝章、遠野 未来 との共同授業
※詳細は下記のシラバス(PDF)を参照のこと
http://www.maebashi-it.ac.jp/syllabus/department/14101701.pdf