自己紹介(2019.8.26更新)

[氏名]
堤 洋樹(つつみ ひろき)

[所属・職名]
前橋工科大学・准教授
大学 :工学部建築学科
大学院:工学研究科建築学専攻

[専門分野・学位]
建築経済、建築構法、建築生産、建築材料
博士(工学)2003 早稲田大学「戸建住宅の寿命と建て替え要因に関する研究」

[職歴](○:現在に至る)
・2000.4~2003.3 早稲田大学理工学部建築学科/助手
・2002.9~2003.3 関東学院大学工学部建築学科/非常勤講師
・2003.4~2006.7 北九州市立大学国際環境工学部空間デザイン学科/Engineering Adviser
・2003.12~2018.12 株式会社ジオクラスター/取締役
・2006.8~2011.3 九州共立大学工学部建築学科/准教授
・2006.9~2007.3 九州女子大学家政学部人間生活学科/非常勤講師
・2009.7~2013.8 特定非営利活動(NPO)法人学研都市留学生支援ネットワーク/理事
・2010.10~2012.3 早稲田大学理工学研究所/客員講師
○2011.4~ 前橋工科大学工学部建築学科/准教授
○2012.9~ 早稲田大学理工学研究所/招聘研究員
・2014.6~2018.12 株式会社ドローアップ/取締役
・2015.1~2018.12 ジャパンシステム株式会社/顧問
・2015.4~2017.3 関東学院大学建築・環境学部/非常勤講師
○2015.8~ 日本管財株式会社/顧問
○2019.4~ NPOリデザインマネジメント研究所/理事

[研究助成](○:現在に至る)
・2001.4~2003.3 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)研究助成・研究分担者「分散電源配置による熱供給事業ネットワーク化に関する研究」
・2001.4-2002.3 早稲田大学特定課題研究助成費・研究代表者「居住者の改善行為から見た住宅の長寿命化に関する研究」
・2007.6~2009.3 日本学術振興会平成19年度科学研究費補助金・若手研究(B)・研究代表者「既存住宅の平均寿命の推移から推測する今後の住宅ストックの動向」
・2008.4~2009.3 財団法人大林都市研究振興財団・平成19年度研究助成・研究代表者「鉄筋コンクリート新工法の中性化及びアルカリ反応抑制効果に関する実証研究」
・2008.6~2011.3 日本学術振興会平成20年度科学研究費補助金・基盤研究(C)・研究分担者「公共施設マネジメントシステム構築に関する研究」、研究代表:早稲田大学小松幸夫教授
・2010.6~2012.3 日本学術振興会平成22年度科学研究費補助金・若手研究(B)・研究代表者「建物の平均寿命の都市別算出手法に関する研究」
・2011.6~2014.3 日本学術振興会平成23年度科学研究費補助金 基盤研究(B)・研究分担者「公共施設マネジメントの事例調査に基づく実践方法の研究」、研究代表:早稲田大学小松幸夫教授
・2011.11-2012.10 平成23年度トステム建材産業振興財団助成研究、研究代表者「木造大壁の壁内劣化を把握する非破壊検査手法に関する研究」
・2012.1-2013.3 国土交通省建設技術研究開発助成制度政策課題解決型技術開発公募「ミリ波・マイクロ波を用いた住宅大壁内の非破壊診断装置の開発」、研究代表:京都大学藤井義久准教授
・2012.7-2013.3 前橋工科大学平成24年度重点研究費(創造的及び先覚的教育研究活動) 、研究代表者「気候条件を考慮した住宅の長期維持保全計画の策定」
・2013.6-2016.3 日本学術振興会平成25年度科学研究費助成事業 基盤研究(A)・研究分担者「FMCWレーダによる木造建築の構造と劣化の非破壊診断技術の開発」、研究代表:京都大学藤井義久教授
・2013.8-2014.3 前橋工科大学・地域課題研究事業、研究代表者「ファシリティマネジメントの手法を用いた県内公有財産(施設)の効果的・効率的な利活用のための仕組みづくり」、群馬県・財産活用推進室との共同研究
・2014.6~2017.3 日本学術振興会平成26年度科学研究費補助金 基盤研究(B)・研究分担者「公立学校を核とした公共施設再編に関する調査研究」研究代表:早稲田大学小松幸夫教授
・2014.8~2015.3 前橋工科大学・地域課題研究事業、研究代表者「空き家を活用した定住促進事業」、前橋市・建築住宅課との共同研究
・2015.6~2018.3 日本学術振興会平成27年度科学研究費補助金 基盤研究(C)・研究代表者「公共施設における協働的ダウンサイジング手法の研究開発」
・2015.12~2016.12 LIXIL住生活財団平成27年度研究助成、研究代表者「木造大壁の内部劣化診断手法に関する研究」、京大(森先生+簗瀬先生)+大分大(田中先生)との共同研究
○2016.10~2020.3 社会技術研究開発センター(RISTEX)持続可能な多世代共創社会のデザイン研究開発領域平成28年度採択研究、研究代表者「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築」、産官学との共同研究

[共同研究]
・2005.4-2006.3 次世代普及型住宅用太陽熱高度利用装置の事業化、中小企業基盤整備機構「平成17年度中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち事業化支援事業」、研究代表者、株式会社ジオクラスター研究代表として北九州市立大学と共同研究
・2009.4-2011.3 公営住宅長寿命化計画報告書作成業務、[福岡県]芦屋町・宗像市・岡垣町、[大分県]豊後高田市、[熊本県]人吉市・南関町・益城町・西原村など、株式会社ジオクラスターとの共同研究
・2011.4-2011.6 福島県建物FMアンケート調査結果の研究報告書、福島県、早稲田大学小松研究室との共同研究
・2011.9-2012.3、志津公民館整備事業基礎調査業務(佐倉市)、早稲田大学小松研究室との共同研究
・2012.4-2013.3 福島県県有建物の資産戦略の研究、早稲田大学小松研究室との共同研究
・2013.6-2014.3 公会計の導入に向けた公共施設管理に関する研究、ジャパンシステム株式会社との共同研究
○2014.4- 奈良県連携事業(ファシリティ版奈良モデル検討事業)、早稲田大学小松研究室との共同研究
・2014.6-2018.3 足利市における公共施設整備も含めたまちなか再生計画案策定、SSH事業による白鴎大学付属富田高校との共同研究
・2015.6-2017.3 前橋市における空家対策支援(前橋工科大学地域連携推進センター内に空家部会を設立、研究代表者(共同研究者:湯沢教授、松井教授、松本准教授)、前橋市との共同研究
・2018.3-2018.7 空き家の実態調査と活用に関する研究、高崎測量との共同研究
・2018.6-2019.3 前橋市における空家対策支援、前橋市との共同研究
※その他、大学・地方自治体・メーカー等との共同研究多数

[学会活動](○:現在に至る)
※1997.4~ 日本建築学会会員
・1999.4~2001.3 LCM小委員会委員
・2000.4~2001.3 工業化構法のサステイナブルデザインWG委員
・2000.4~2007.3 サステナブル・ビルディング小委員会WG委員
・2000.4~2007.3 資源循環モデルWG委員
・2007.4~2011.3 九州支部材料・施工委員会委員
○2007.7~ 固定資産評価小委員会委員(2012.4~幹事)
・2008.4~2010.4 建築九州賞・作品賞選考部会委員(材料施工)
○2011.4~ 建築ストックマネジメント(旧:施設マネジメント)小委員会委員(2013.4~幹事)
・2012.4~2014.3 建築社会システム本委員会幹事
・2012.4~2014.3 調査研究委員会広報委員
・2012.4~2017.4 東日本大震災合同調査報告書委員会委員
・2013.6~2015.5 論文集編集委員会委員
○2015.4~ コストマネジメント小委員会幹事
○2015.6~ 会館委員会委員
○2017.6~ 卒業論文等顕彰事業委員会委員
○2019.4~ 技術報告集委員会委員
・2000.4~2017.3 大韓建築学会会員
○2013.4~ 日本不動産学会会員

[協会・委員会活動](○:現在に至る)
※(社)日本しろあり対策協会/
○2004.4~ 蟻害・腐朽検査士資格検定委員会委員(旧:資格検定委員会委員)
○2004.4~ 蟻害・腐朽検査士資格・講習委員会委員(旧:蟻害・腐朽検査制度委員会委員)
○2015.2~ 理事(再任:2011.2~2012.12)
・2000.4~2002.3 (財)日本住宅・木材技術センター/森林資源有効活用促進調査会委員
・2010.8~2015.3 日本木材防腐工業組合/木造長期優良住宅の総合的検証委員会耐久性分科会・維持管理検討TG委員
※前橋市/
・2011.4~2017.3 優良建設業者表彰審査会委員
・2014.8 市庁舎周辺整備方針に係る整備手法等検討調査業務公募型プロポーザル審査委員会委員
・2014.12~2015.3 公営住宅等長寿命化計画検討委員会委員
・2015.4 市有資産マネジメントシステム開発業務委託業者選定審査委員会委員
・2015.6~2016.3 行財政改革推進懇談会会員
・2017.3~2017.9 道の駅計画付事業予定者公募に関する審査委員会委員長
○2019.9~ 公営住宅等長寿命化計画検討委員会委員
※(社)日本木材保存協会/
○2011.6~ 認定委員会委員
・2013.8~2015.3 企画運営委員会委員
※(財)資産評価システム研究センター/
○2011.6~ 家屋に関する調査研究委員会委員
・2015.7~2017.6 固定資産税制度に関する調査研究委員会委員
○2011.7~ 木材保存剤等審査事務局/技術委員会委員
・2011.7~2014.3 国交省/既存住宅流通総プロ・劣化調査検討WG委員
・2013.11~2014.2 国交省/木造・非木造建物の耐用年数の見直し検討委員会委員
※会津若松市/
○2013.12~ 公共施設マネジメントアドバイザー
・2017.5 本庁舎保存活用計画及び庁舎整備行動計画作成等業務委託プロポーザル選考委員会委員長
・2013.12~2014.2 伊勢崎市/公共施設安全検討委員会委員長
・2014.4~2018.3 長崎市/公共施設マネジメントアドバイザー
※豊島区/
・2014.6~2015.3 公共施設等総合管理方針検討委員会委員
・2015.5~2016.3 公共施設等総合管理計画策定委員会委員長
・2017.9~2019.3 旧第十中学校跡地活用等基本計画検討委員会委員長
○2014.8~ 目黒区/区施設整備アドバイザー
・2015.6~2016.3 深谷市/新庁舎基本計画検討有識者会議委員長
・2015.9~2016.3 UR都市機構/UR賃貸住宅の部位部材別等の使用期間のあり方に関する検討委員会委員
○2015.4~ 日本建築積算協会特別会員
※港区/
○2015.12~ 公共施設等マネジメントアドバイザー
・2017.3~2017.6 区有施設保全計画策定に関する基礎調査支援業務委託事業候補者選考委員会委員
○2017.10~ 公共施設マネジメントに関する庁内研修講師
※富岡市/
○2016.10~ 空家等対策協議会委員
・2016.11~2017.4 学校施設個別施設計画策定実施委員会委員
・2017.1 長久保市営住宅建設事業設計施工一括発注方式公募型プロポーザル審査委員会委員
○2018.10~ 学校施設のあり方庁内検討委員会委員
甘楽町/
○2018.8~ 学校施設等個別施設計画検討委員会委員
○2019.9~ 公共施設等個別施設計画策定検討副委員長

[その他社会活動](○:現在に至る)
・2003.4~2011.3 九州周遊建築散歩/事務局
○2007.4~ 中村式鉄筋コンクリート(NRC)研究会/会員
・2010.9~2013.8 NPO法人学研都市留学生支援ネットワーク(FORSNET)/理事
○2010.10~ MoRE(Management of Real Estate:施設管理・運営に関する研究)/会員
○2012.9~ MoGRE(Management of Gunma Real Estate:群馬施設管理研究会)/事務局

7/25-26生産シンポ発表

7月25日から26日にかけて建築学会会館にて開催された
第35回建築生産シンポジウムに参加・発表しました。

今回は堤研OBの粒來君や水出先生を含め6名が発表しました。
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/35_072526.pdf

・原田萌寧、堤洋樹:公共施設整備への住民参加手法の検討 -ワークショップにおける計画のための与条件の整理–、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.173-178、2019.7
・堤洋樹、水出有紀、恒川淳基:地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築に向けて、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.185-188、2019.7
・粒來耕平、堤洋樹、松村俊英:「世代会計」を援用した公共施設管理の手法検討に関する研究、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.189-194、2019.7
・水出有紀、堤洋樹:財務諸表を活用した公共施設評価と自治体規模の関係、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.195-200、2019.7
・廣瀬朋也、堤洋樹、讃岐亮、秀島栄三:公共施設の適切な配置を目指した地域評価の手法に関する研究、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.201-206、2019.7
・萱沼竜輝、堤洋樹:空き家の状態ごとの立地的影響に関する研究、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.207-212、2019.7

DSC_0006

7/17那珂川町調査視察

7月17日に福岡県那珂川町にて行われた
ドローンを使った劣化調査の視察に行きました。

前日16日は劣化調査の打ち合わせを行い、
共同研究者と今後の方向性について確認しましたが、
今回の視察を受けて具体的な研究課題について
改善方法を検討していきたいと考えています。

DSC_0003

7/9bspパーティー

7月9日にbenten study placeにて
オープニングパーティーが開催され
多くの方にご参加いただきました。

7月1日にオープンした benten study place ですが、
おかげさまでほぼ毎日学生が勉強しています。
また今後も様々な活動やイベントを通して
商店街の皆様にも貢献していきたいと考えています。

※利用者募集中!!詳しくは下記サイトをご覧ください
http://rdm-lab.net/benten/

第80回MoGRE勉強会報告(7/5)

第80回MoGRE勉強会を7月5日(金)に開催しました。
※会場はcommをお借りしました

今回は講師の椿幹夫氏(山下設計)に
「公共施設マネジメントの昨日、今日、明日」
というタイトルでお話しいただきました。

椿氏とは前職からのお付き合いがありましたが、
実は直接FMのお話を聞いたことがありませんでした。
今回はFMの歴史を簡潔にご説明いただき勉強になりました。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

benten study placeサイト開設

おかげさまで
「benten study place」の立ち上げ資金に関する支援をお願いした
「Readyfor」では目標を達成できました。
皆様のご協力ありがとうございました。
https://readyfor.jp/projects/benten

なおサイトを立ち上げましたので
今後はこちらで引き続き情報発信を行います。
皆様よろしくお願いいたします。
benten study place http://rdm-lab.net/benten/



6/12第48回空家部会

6月12日に第48回目の空家部会を行いました。

今回はBenten study placeで
共同運営を行う予定の群大医学部の学生に対して
「Benten Study Place」のオープンに向け
群大医大生と最終調整を行いました。

すでにレディーフォーの公開も始まっていますが
まだまだオープンまでに必要なことが多く残っています。
最後の追い込みに向けて一層努力したいと考えています。

なお当日は、前面をオープンにして
決起パーティーを開催しました。
次は7月9日にオープンパーティを企画しています。、

第79回MoGRE勉強会報告(6/7)

第79回MoGRE勉強会を6月7日(金)に開催しました。

今回は講師の大澤昭彦先生(高崎経済大学)に
「タワーマンションと公開空地のマネジメント」
というタイトルでお話しいただきました。

大澤先生とは空き家関係の委員会でもお会いすることがあり、
「空き家問題の背景と対策」出版の際にもお世話になりました。
講演では都市計画の視点から高層化や公開空地の課題について
詳細な分析を基にご説明いただきました。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。