7/25-26生産シンポ発表

7月25日から26日にかけて建築学会会館にて開催された
第35回建築生産シンポジウムに参加・発表しました。

今回は堤研OBの粒來君や水出先生を含め6名が発表しました。
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/35_072526.pdf

・原田萌寧、堤洋樹:公共施設整備への住民参加手法の検討 -ワークショップにおける計画のための与条件の整理–、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.173-178、2019.7
・堤洋樹、水出有紀、恒川淳基:地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築に向けて、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.185-188、2019.7
・粒來耕平、堤洋樹、松村俊英:「世代会計」を援用した公共施設管理の手法検討に関する研究、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.189-194、2019.7
・水出有紀、堤洋樹:財務諸表を活用した公共施設評価と自治体規模の関係、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.195-200、2019.7
・廣瀬朋也、堤洋樹、讃岐亮、秀島栄三:公共施設の適切な配置を目指した地域評価の手法に関する研究、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.201-206、2019.7
・萱沼竜輝、堤洋樹:空き家の状態ごとの立地的影響に関する研究、第35回建築生産シンポジウム論文集、日本建築学会、pp.207-212、2019.7

DSC_0006

7/17那珂川町調査視察

7月17日に福岡県那珂川町にて行われた
ドローンを使った劣化調査の視察に行きました。

前日16日は劣化調査の打ち合わせを行い、
共同研究者と今後の方向性について確認しましたが、
今回の視察を受けて具体的な研究課題について
改善方法を検討していきたいと考えています。

DSC_0003

benten study place 始動!

堤研究室ではこれまでの空き家活用や商店街の活性化の議論を重ねた結果
学生主導の事業を7月から行うことになりました。
ぜひ皆様のご協力が頂けたら幸いです。

また本プロジェクトの準備に
クラウドファンディングのReadyforを活用しています。
プロジェクトの詳細等については下記サイトをご確認ください。
https://readyfor.jp/projects/benten

空き家論文黄表紙掲載

讃岐先生と連名で提出した論文
「地方都市における空き家の実態からみた地域区分の必要性
前橋市の現地調査結果によるケーススタディ」
が建築学会計画系論文集5月号に掲載されました。

・堤洋樹、讃岐亮:地方都市における空き家の実態からみた地域区分の必要性 前橋市の現地調査結果によるケーススタディ、日本建築学会計画系論文集 第84巻 第759号、pp.1201-1208,2019.5

3/26-28吹上試験体調査

3月26日から28日にかけて
鹿児島県吹上浜の国立自然公園内にある
LSF(生活・森林圏シミュレーションフィールド)にて
前工大・広大・大分大の10名で試験体の調査を行いました。

しろありに食害されている部材が多く良い結果が得られそうです。
今後は調査結果の分析を行い論文にまとめる予定です。
調査に参加した皆様、お疲れさまでした。

3/4DOL/LSFの報告会

3月4日に京都大学生存圏研究所(宇治)にて
鹿児島県吹上浜の国立自然公園内にある
LSF(生活・森林圏シミュレーションフィールド  )にて実施してきた
「木造大壁の内部劣化診断手法に関する研究」について報告を行いました。

実験自体は3/26-28を予定していますので研究成果は出ていませんが
本年度で実験を終了するので発表も最後になりそうです。

1/26空き家シンポジウム開催

前橋市との共同研究「前橋市における空き家対策支援」の報告を兼ねて
1月26日に臨江閣別館大広間で
前橋市との共催で空き家シンポジウムを開催しました。

当日は130名以上の方にご参加いただきました。
講師、山本市長、前橋市職員の皆様どうもありがとうございました。


前橋市+前橋工科大学 空き家シンポジウム
これからの空き家に求められる「こと」「もの」

2014年11月に制定された空家等対策の推進に関する特別措置法を契機に、かねてから社会問題視されていた空き家対策に全国の地方自治体が本格的に取り組み始めている。前橋市でも、2015年4月から建築住宅課内に空家利活用センターを開設し、前橋市内にある空き家の利活用に対するアドバイスなどの提供を始めた。また同年には「前橋市空家等対策計画」を公布・施行するなど、全国的に見ても積極的な空き家対策を実施している。しかし少子高齢化等の社会情勢を背景とした空き家の増加を阻止することは難しく、実態把握や効果的な政策の検討を手探りで行っている状態である。そこで本シンポジウムでは、今後の空き家整備をどのように進めていくか、2人の専門家をお呼びして具体的かつ実践的な手法を会場全体で考えたい。

2019 年1月26日(土)14:00 ~16:30(開場13:30)
臨江閣 別館大広間 (前橋市大手町3-15-3)
参加無料/どなたでも参加できます(事前登録不要)

基調講演1 空き家の実態とその動向
宗 健 (大東建託賃貸未来研究所長)
基調講演2 次世代の街づくり手法と中心街再生
小坂 幸彦 (MIKATAプロフェッショナルズ代表)
パネルディスカッション これからの空き家に求められる「こと」「もの」
山本 龍 (前橋市長)× 宗 健 (前述)× 小坂 幸彦 (前述)
モデレーター 堤 洋樹 (前橋工科大学准教授)

共催:前橋市、前橋工科大学
後援:群馬県、NHK前橋放送局、群馬テレビ、上毛新聞社、FM GUNMA、まえばしCITYエフエム
群馬県宅地建物取引業協会前橋支部、全日本不動産協会群馬県本部、群馬建築士会前橋支部

12/20外壁劣化診断予備調査

12月20日に前橋工科大学で
アイセイ株式会社のご協力のもと
ドローンや3Dスキャナを用いた外壁の劣化診断の予備調査を行いました。

堤研究室では来年度から
AIを使った劣化診断やドローンの制御について
複数の企業との共同研究を行う予定です。
今回は前橋工科大学の主に1号館から5号館の外壁の確認を行いました。

なおアイセイ株式会社の岩佐社長には
今回の予備調査の結果も含め3月のMoGREでご講演いただく予定です。